2018年03月25日(日)子宮頸がん〜いま私たちにできること〜シンポジウム開催報告

3月25日(日)子宮頸がん〜いま私たちにできること〜のシンポジムを開催いたしました。当日は、100名を超えるさまざまな立場の方にご参加いただき、学び、そして熱いディスカッションをしました!

4名の著名な先生方のご講演ののち、グループにわかれて具体的にどのようなことができるかをディスカッションしました。

さまざまなアイディアがでましたので、以下に一部ご紹介します。
– 子宮頸がんキャンペーンの日をつくる
– SNSで発信する
– 学校教育、PTAで正しい知識と理解を広める
– 子宮頸がんの恐ろしさ、予防できることを伝える
– 企業、学校、行政、議会も一緒に取り組む
– 患者の訴えをしっかり聞く
– 情報の共有をする
– 診療科を超えた連携
– マスコミからの発信
– 正しい知識を広める
– 身近な人に共有してみる
– 医療関係者の教育

その結果、「いま私たちにできること」として、以下3つにまとまりました。
– 立場を超えて連携していく
– 子宮頸がんは予防できるという意識をもつ
– がん予防に対する正しい知識をもつ

NPO法人女性医療ネットワークとして、みなさまと導き出したアクションを進めるため、今後も活動を展開していきたいと思います。ご講演くださった先生方、ご協力くださった皆様、そしてご参加いただいたみなさまに感謝いたします。

お問い合わせ・申し込みはこちら