1. ホーム
  2. 女性のからだコラム
  3. こんな時どうする?
  4. お悩み5 更年期障害

お悩み5 更年期障害

ほてりや発汗、イライラなど症状は多岐に渡ります!

更年期とは、閉経前後の約10年間をさします。閉経の平均年齢は50歳なので、これをはさんだ40代後半から50代前半が更年期に該当します。そして女性ホルモンの低下に伴って起こる様々な不調を「更年期障害」と呼びます。

更年期障害の症状はほてりやのぼせ、発汗、動悸、息切れ、不眠などの身体的症状や不安感、疲労感、無気力状態などの精神的症状まで、非常に多岐に渡ります。個人差はありますが、早い人は40代に入ってすぐに症状を自覚することもあります。

原因

女性ホルモンの低下はすべての女性に起こりますが、かといって全員が更年期障害を起こすわけではありません。その背景には心理的なストレスが非常に大きく関係しています。
40代、50代は家庭の主婦であれば子供の成長や独立、両親の介護などの変化が訪れる時期ですし、また働く女性にとってもキャリアを積み、責任が大きくなる時期です。このような様々な外的ストレスに加え、40代を過ぎると卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が急激に低下するため、この時期に上手にストレスを緩和することができないと、重い更年期障害に陥ってしまうのです。

こんな治療法があります

まずは該当する症状によって内科や耳鼻科、脳神経外科などで検査をし、何も異常が出ない場合は更年期障害が疑われます。更年期かどうかの判断は、血液中のホルモン濃度を測ることで分かります。エストロゲンとプロゲステロンの低下とともに、下垂体からの指令ホルモンであるLHとFSHが上昇している場合は、更年期に該当する可能性が大きいといえるでしょう。
ホルモンの低下に関しては、ホルモン補充療法(HRT)が行われますが、年齢が55歳くらいまでであるなら、低用量ピルも有効です。

ここで大切なのは、更年期障害の背景にはストレスや本人の性格が大きく関わっているということ。そのため薬物療法だけでは改善せず、カウンセリングが効果を発揮することもあります。
平均寿命が80歳を超えるようになったいま、更年期は人生のターニングポイントです。更年期をネガティブにとらえずに、生きがいをもってイキイキと過ごすことが、更年期障害の最大の予防策といえるでしょう。

吉野一枝(女性外来ハンドブックより)